Home

テーマ:ORIGIN -起源-

私たちは第4回東京インターナショナルフォトグラフィーコンペティションのテーマを Origin –起源- と致します。
“過去の歴史、起源、文化を知らぬ人びとは根のない木のようなものである”
-マーカス・ガーベイ (ジャーナリスト・企業家)


応募概要

テーマ: Origin(起源)

応募締切: 2016年6月28日(アメリカ太平洋時間)

応募費用: 1シリーズ(最大写真6点)につき35米ドル

対象: 全世界の写真家から応募を受け付けております。但し、応募時の年齢が18歳以上であることが必要です。
 

submittable-submit-button



コンペティションについて

世界各地を見ると、数多くの写真コンペが新たな才能を発掘すべく開催されています。しかし、その多くが言語や文化という壁に閉ざされています。このことは、海外で作品を発表しようとする日本人や、日本での作品発表を望む外国人にも当てはまります。
東京インターナショナル・フォトグラフィー・コンペティション(TIPC)の目的はその設立より、文化および地理をまたぎ、世界の核となる写真コミュニティとの“架け橋”となる事です。過去3年にわたり行われてきたこの取組を通じて、徐々にですがその夢が形となってきています。国を越えた繋がりはより豊かになり、新たな動きも生まれてきました。この先の展開に私たち自身もドキドキしています。
2013年にローンチしたTIPCは、2015年よりスタートした東京国際写真祭に向けた旅路の序章でした。本年は、10人の国際的に活躍する写真プロフェッショナルたちを審査員に招き、応募された作品の中から審査により8名の写真家を選出します。受賞作品は、東京、ニューヨーク、そして今後発表になる様々な都市にて巡回展示されます。


受賞特典

・優秀賞(8名)

 
審査員によって選ばれた8名の写真家の作品は、東京、ニューヨーク、アジア、南米など世界各地4ヵ所にて巡回展示されます。

・グランプリ(1名)

 
受賞者8名による巡回展に加えて、審査員によってグランプリに選ばれた1名の写真家を、東京、もしくはニューヨークのUnited Photo Industries Galleryで行われる展示オープニングにご招待します。


2016年度審査員

北島敬三

ー 写真家、Photographer’s gallery設立者(日本)

マーク・ピアソン

ー ZEN FOTO GALLERYオーナー(日本)

スジョン・ソン

ー Seoul Lunar Foto共同設立者/共同ディレクター(韓国)

クリスティーヌ・バルト

ー ケーブランリ美術館 キュレーター(フランス)

エリック・ケッセルス

ー アーティスト/フォトキュレーター(オランダ)

マーク・プルースト

ー 写真コンサルタント/キュレーター(オランダ)

サンドラ・S・フィリップス 

ー サンフランシスコ近代美術館写真部門シニアキュレーター(アメリカ)

アレハンドロ・カステローテ

ー インディペンデントキュレーター/ライター/教授(スペイン)

アレグラ・コルデロ・ディ ー モンテツェモロー

– Center for the Image エキシビションコーディネーター/キュレーター(メキシコ)

アズー・ヌワグボグ

ー African Artists’ Foundation 創設者/ディレクター(ナイジェリア)